スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コピー!

2017年07月11日 23:43

何度もタイへ出張で行くと、だんだんお土産も悩んできます
最初の頃は目新しいものばっかりで色々買えたのですが
何度も行ってるとその目新しさも無くなって来ます

特に今の時期は雨季って事もあり
尚且つ仕事も結構忙しかったりしたので
帰りにどこかに寄るには時間が遅かったり
雨の中タクシー降りてどこかに行くのも億劫だったりと
なかなか買い物に行くチャンスがありません

今回は簡単に空港で何か買うかなと思っていたのですが
最終日前日、この日も帰りのタクシーに乗ってる間はずっと雨
とりあえずホテルに帰ったものの、時間は19時前半と結構早かったのです
雨の中晩飯食べに行くのも億劫だなぁと言っていたのですが
ホテルでは食べられないので、目の前にある和食屋に行くか?
と言いつつ、タイでの晩飯は実質今晩が最後だったので
2分ほど歩いたところにあるタイ飯屋へ行きました
まぁお店は普通のお店だったのですが、外へ出ると雨が止んでます
で、駐在の若い子が私が最初にタイに来たときに
ばったもんのろれっくすが欲しい!って言ってたのを覚えていて
今から買いに行きますか?って言われたので行くことにしました

ホテルはいつもプロンポンって駅のそばのホテルに泊まってるのですが
そこから電車に乗ってサラデーンまで行きます
電車賃は 37thb だったかな?約120円ですな
タイの電車ってものすごーくエアコン効いてるのですよ・・・
s_DSC_0660.jpg
外で汗かいてる分、車内ですごく冷やされます
体調崩しそう・・・
で、サラデーン駅ですがタイに詳しい人はご存知でしょうが
あっち系のお店で有名なタニヤがあります
あっち系のお店が立ち並ぶ通りの一つ隣に
シーロムナイトマーケットってのがありまして
ここは所謂ばったもん街ですなw
細い通りに出店がたくさん並んでまして右も左もばったもん
通りの写真を撮ろうと思ったのですが
駐在君に、こういうところの写真撮ると揉めるかもしれませんって言われて
撮るの辞めましたw

まぁとにかく、右も左もブランド物ばっかりです。ばったもんですが
ヴィトンにカルティエ、シャネルなんでもあり。ばったもんですが
もちろん普通のお土産も売ってるのですが
7割ぐらいのお店がブランド物扱ってます。ばったもんですが
普通に旅行用のカバン売ってるお店かな?と思ってのぞいて見ると
カタログ見せてきて、ヴィトンとかシャネルとかのカバンの写真が・・・
カバンを買う気は無かったのでスルーして露天を見て歩きます
有名どころの名前の知られた時計がケースに入るでもなく並べられてますw
一軒のお店でおばちゃんを捕まえて値段を聞くと
店先に並んでるので2,000thbらしい。6,600円ですな、たけーよ!
値段交渉の末、1,500thbまで安くなりましたが、また来るわと言って退散
他の店も見て周り、さっきのおばちゃんの店へ戻って再交渉
2つ買うから1つ1,000thbにしろ!って言っても無理らしい・・・
1つ1,200thbが限界と言って聞きません
仕方ないので、2つで2,200thb!と言うと、ようやくOKが出ました
ここで一つ勉強です
こういう場合の支払いは、必ずお釣りがいらないように払いましょう
今回の場合だと、2,200thbですな
私は1,000thb札しか無かったので、3,000thb払おうとしたのですが
駐在君が横から200thb出します!って言ったのを「良いで」と断ったのですな
するとお釣りを渡すおばちゃんが、お釣りの800thbから1枚抜き取って
チップチップ!と言ってきます・・・
なるほど、そう言う事か・・・
とりあえず、100thbも払うのもったいないので財布から20thb払おうとしたのですが
財布の中の50thb札を見つけてそっち頂戴!と・・・
たくましいものです。
まぁおばちゃんも楽しかったので、50thb払いましたw
日本円だと165円ですから、ジュース一本分ですな
もう一人一緒に行ってた出張者は、100thbぐらい払ったら良いのにって言いますが
駐在君は、そんなのビタ一文払う必要なし!と言ってましたw

で、購入したばったもんろれっくすですが
安物だけあって、色々突っ込みどころは満載です
一応自動巻きで見た目はそれっぽいですが・・・
s_DSC_0677.jpg
いつまで動くか分かりませんが、これからは会社にロレックスつけて出勤します!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。